指揮者 赤坂有紀
akasaka3-1.jpg  宇都宮大学教育学部音楽科卒業、同大学院教育学研究科修了。声楽を石野健二氏、大島博氏に、指揮法を高階正光氏、森垣桂一氏に師事。大学在学時より栗山文昭氏のもとで合唱音楽について研鑽を積み、1995年には世界合唱連合主催World Youth Choirメンバーに選出されカナダでのツアーに参加。 現在は、合唱指揮者、ヴォイス・アンサンブルトレーナーとして多くの団体を指導、また歌い手として合唱活動の他リサイタルを開催するなど活動は多岐にわたる。

歌曲の初演作品に「“青春詩篇”による7つの歌」(新川和江作詩・鈴木輝昭作曲)がある。

2008年トウキョウカンタート主催第1回「若い指揮者のための合唱指揮コンクール」にて第1位、ならびにノルウェー大使館奨学金を受賞。 21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」メンバー。

この記事のURL | 赤坂 有紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴォイストレーナー 石井 実香
mika.jpg 東京音楽大学声楽科卒業。卒業演奏会に出演。これまでに高橋啓三、橘洋子、石井真紀、釜洞祐子、島崎智子の各氏に、フランス歌曲を武田正雄氏に師事。ベルリンにて日独リーダークライス講習会を受講する等ドイツリートの研鑽を積む。第42回フランス音楽コンクール入選。フランス総領事賞受賞。現在は合唱団や第九合唱などのヴォイストレーナーとして活躍する他、音楽教室「音の実」を主宰し後進の指導にあたっている。目黒星美学園中学高等学校、法政大学中学高等学校非常勤講師。啓声会会員。日本声楽アカデミー准会員。ロシア声楽曲研究会会員。

2014年10月11日、神奈川県民ホールにて首都オペラ主催「アラベッラ」(R.シュトラウス作曲)にフィアカーミリ役で出演。

この記事のURL | 石井 実香 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アンサンブルトレーナー 田中エミ

 emi ②-2 福島県出身。小学校時代をアメリカ合衆国で過ごし、そこで初期音楽教育を受ける。
国立音楽大学在学中は音楽教育学、ピアノ、声楽、合唱指揮を学ぶ。
現在は女声合唱団コール・アザレア(指揮者)、渋谷区少年少女合唱団(常任指導者)、女声合唱団翠声会Ⅱ組(アンサンブル・トレーナー)、親子合唱クラブpalette(アンサンブル・トレーナー)、市民第九の合唱指導など、様々な形で合唱団を指導。
また、合唱団響の団員、女声合唱団青い鳥の団内指揮者として音楽監督の 栗山文昭氏のもと研鑽を積んでいる。


TOKYO CANTAT2012「第3回若い指揮者のための合唱指揮コンクール」第1位、及びノルウェー大使館奨学金を受賞。2013年にはノルウェーへ短期留学。 21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」会員。




この記事のURL | 田中 エミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ピアニスト 本間 礼子
honma.jpg 東京都出身。
上智大学英文科卒。ピアノを4才から始める。
ピアノを伊達純氏、米谷治郎(こめたにはるお)氏、小川京子氏、池内喜多子氏に師事。
ヤマハ音楽振興会で、指導者の資格を取る。
ピアノと和声を青島広志氏に師事。女声合唱団翠声会の創団者の一人。
これまで、数多くの合唱団、童謡の会等の伴奏者として活動してきた。
また、小学校、中学校などで講演と歌の活動をしている視覚障害者の声楽家、田中玲子氏の伴奏者としても活動してきた。
現在、合唱団、声楽、バイオリン、トランペット等の伴奏者として活動している。 また娘 麻実(まみ)と、マリンバとピアノの演奏活動も行っている。



この記事のURL | 本間 礼子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |